マクドネル・ダグラス KC-10 エクステンダー

McDonnell Douglas KC-10 Extender

米国
役割 空中給油タンカー、マルチロール航空機
初飛行 1980年7月12日
構築 62

マクドネル・ダグラス KC-10 エクステンダー は、アメリカ空軍(USAF)が運航する3エンジンDC-10旅客機の軍事バージョンである空中給油タンカー機です。KC-10は、高度なタンカー貨物航空機プログラムから開発されました。これは、輸送と空中給油の主な役割のための軍事固有の機器を組み込んでいます。これは、東南アジアと中東での経験に続いてKC-135ストラトタンカーを補完するために開発されました.KC-10は、C-9に続いて空軍によって選択された2番目のマクドネル・ダグラス輸送機でした。USAF向けに合計60 KC-10が生産された。オランダ空軍は、DC-10から改造されたKDC-10指定の2つの同様のタンカーを運航しています。

ソース: ウィキペディアのマクドネル ダグラス KC-10 エクステンダー
McDonnell Douglas KDC-10 Walk Around
カメラマン マリンデル・ド・ヴレーズ
ローカライズ 知りません
写真 300
待って、検索マクドネルダグラスKC-10エクステンダー.

関連キット:

ミクロミール - KC-10
マクドネル・ダグラス KC-10 エクステンダー
ミクロミール
???
1:144
フルキット
検索のためのクリック
ハセガワ - 10645
ダグラスKDC-10 「オランダ空軍」
ハセガワ
10645
1:200
フルキット
検索のためのクリック

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです

関連項目:

第二次世界大戦:電撃戦から原子爆弾までの決定的なビジュアルヒストリー(DK Definitive Visual Histories) - Amazon (アマゾン) 地図による第二次世界大戦の地図(地図によるDKの歴史地図) - Amazon (アマゾン)

詳細情報:

マクドネル・ダグラス KC-10 エクステンダー is a military aerial refueling and transport aircraft that was developed from the DC-10 airliner. The KC-10 was introduced in 1981 and is operated by the United States Air Force (USAF). The KC-10 can carry up to 75 passengers and 170,000 pounds of cargo, as well as perform air-to-air refueling missions with a maximum transfer fuel load of 356,000 pounds.
KC-10 has a range of 4,400 nautical miles without refueling and can extend its range by receiving fuel in flight. The KC-10 is compatible with most fixed-wing aircraft in the USAF inventory, as well as those of allied nations. The KC-10 has played a vital role in supporting US and coalition operations in the Middle East, Europe, and Asia. The KC-10 is expected to remain in service until at least 2040, when it will be replaced by the KC-46 Pegasus.

Views : 2069

コメントは閉じられます。