サーブJ-21R
Saab 21R
スウェーデン
役割戦闘機や攻撃機
初飛行10 March 1947
64

サーブ21R was a Swedish twin-boom fighter/attack aircraft developed and produced by Saab. It was a jet-powered development of the earlier piston-engined 21. It was the first jet aircraft to be produced by Saab. Along with the Russian Yakovlev Yak-15, the 21R was one of only two jet fighters to have been successfully converted from a piston-powered aircraft

ソース: サーブ21RをWikipediaで調べる

Wait, Searching Saab 21R for you…
Saab J-21 R (jet) Walk Around
写真家ピーター Booij
ローカライゼーションUnknow
写真39
Wait, Searching Saab 21R for you…

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

することもできま

サーブ21R–歩 から NetMaquettes

ビュー:2

コメントはご利用いただけません。