パーシバル・プロボスト

英国
役割軍用トレーナー機
初飛行1950年 2月 24日
構築461

パーシバル P.56 プロボスト was a British basic trainer that was developed for the Royal Air Force in the 1950s as a replacement for the Percival Prentice. It was a low-wing monoplane with a fixed, tailwheel undercarriage and like the Prentice had a side-by-side seating arrangement. The Provost has the distinction of being the last piston-engine basic trainer aircraft to be operated by the RAF. The Provost was later adapted to make use of a turbojet engine, producing the BAC Jet Provost. The type was withdrawn in the 1960s, in favour of its jet-powered successor.

ソース: パーシバル・プロボスト - ウィキペディア

パーシバルプロボストT1ウォークアラウンド
カメラマンセス・ヘンドリックス
ローカライズ知りません
写真32
待って、あなたのためにパーシバルプロボストを検索しています...

関連キット:

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです
...

ビュー : 1726

メッセージを残してください

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必須

このサイトでは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています。 コメントデータの処理方法を確認する.