カーチスO-52ふくろう

Curtiss O-52 Owl

米国
役割偵察
サービス千四百四
203

Curtiss O-52 “Owl” was an observation aircraft used by the United States Army Air Corps before and during World War II. Developed in 1939, the Curtiss O-52 was the last “heavy” observation aircraft developed for the US Army Air Corps. The concept of the two-seat observation aircraft, classed as the “O” series aircraft, dated to World War I, and in 1940, the Army Air Corps ordered 203 Curtiss O-52s for observation duties. By 1941, the O-52 was no match for modern combat conditions.

ソース: カーチスO-52フクロウをWikipediaで調べる

Curtiss O-52A-1-CW Owl Walk Around
写真家アレックスBurlyga
ローカライゼーションYanks航空博物館
写真46
Wait, Searching Curtiss O-52 Owl for you…

カーチスO-52ふくろう による ネMaquettes

関連するキット:

Curtiss O-52 Owl Walk Around
写真家Ronald van Voorst
ローカライゼーションUnknow
写真37

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

眺望:812

返信をキャンセルする

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必要

その他の目的で利用することAkismetの低減スパムと見なされます。 方法を学ぶコメントデータ処理.