カーチスO-52A-1-CWふくろう

Curtiss O-52 Owl

米国
役割偵察
サービス1940年
203

カーチスO-52"おふくろう" was an observation aircraft used by the United States Army Air Corps before and during World War II. Developed in 1939, the Curtiss O-52 was the last “heavy” observation aircraft developed for the US Army Air Corps. The concept of the two-seat observation aircraft, classed as the “O” series aircraft, dated to World War I, and in 1940, the Army Air Corps ordered 203 Curtiss O-52s for observation duties. By 1941, the O-52 was no match for modern combat conditions.

ソース: カーチスO-52フクロウをWikipediaで調べる

待ちに、検索のカーチスO-52ふくろうのためにお---
Curtiss O-52A-1-CW Owl Walk Around
写真家アレックスBurlyga
ローカライゼーションYanks航空博物館
写真46
待ちに、検索のカーチスO-52ふくろうのためにお---

カーチスO-52ふくろう による ネMaquettes

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

することもできま

カーチスO-52フクロウ–歩 から NetMaquettes

眺望:585

コメントはご利用いただけません。