メッサーシュミットMe208

メッサーシュミットMe208

NaziGermany
タイプ連絡機
初飛行1944年

メッサーシュミットMe208 was an enlarged version of a Messerschmitt Bf 108 with a retractable tricycle landing gear. Two prototypes were built by SNCAN (Nord) in France during the war. Construction of the Messerschmitt Bf 108 was transferred to the Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Nord (usually known simply as Nord) at Les Mureaux, to the West of Paris, in occupied France in 1942. The company built two prototypes of the Messerschmitt Me 208 during 1943/44. One survived the liberation and was redesignated Nord 1100. Nord built 200 production examples of the Noralpha and these served as communications aircraft with the French Air Force and French Navy. Later, many examples were civilianised.

ソース: メッサーシュミットMe208をWikipediaで調べる

メッサーシュミットMe208
写真家Unknow
ローカライゼーションUnknow
写真24
待の探索メッサーシュミットMe208います---
メッサーシュミットMe208(ノー Noralpha)まで徒歩約
写真家Cees Hendriks
ローカライゼーションUnknow
写真56

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

Views : 1465

ひとり一人との関わりに"メッサーシュミットMe208–WalkAround"

返信をキャンセルする

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必要

その他の目的で利用することAkismetの低減スパムと見なされます。 方法を学ぶコメントデータ処理.