メッサーシュミットMe208

メッサーシュミットMe208

NaziGermany
リエゾン機
初飛行1944

The メッサーシュミットMe208 was an enlarged version of a Messerschmitt Bf 108 with a retractable tricycle landing gear. Two prototypes were built by SNCAN (Nord) in France during the war. Construction of the Messerschmitt Bf 108 was transferred to the Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Nord (usually known simply as Nord) at Les Mureaux, to the West of Paris, in occupied France in 1942. The company built two prototypes of the Messerschmitt Me 208 during 1943/44. One survived the liberation and was redesignated Nord 1100. Nord built 200 production examples of the Noralpha and these served as communications aircraft with the French Air Force and French Navy. Later, many examples were civilianised.

ソース: Messerschmitt Me208 on Wikipedia

メッサーシュミットMe208
カメラマン知りません
ローカライズ知りません
写真24
Wait, Searching Messerschmitt Me208 for you…
Messerschmitt Me-208 (NORD Noralpha) Walk Around
カメラマンセス・ヘンドリックス
ローカライズ知りません
写真56

関連キット:

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです

また、次の項目もご覧ください。

Views : 1849

2 に対する考え "メッサーシュミットMe208 - ウォークアラウンド"

メッセージを残してください

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必須

このサイトでは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています。 コメントデータの処理方法を確認する.