ノースロップP-61Cブラックウィドウ

ノースロップP-61ブラックウィドウ

米国
役割夜間戦闘機
初飛行26日1942年
706

ノースロップP-61ブラックウィドウ, named for the American spider, was the first operational U.S. warplane designed as a night fighter, and the first aircraft designed to use radar. The P-61 had a crew of three: pilot, gunner, and radar operator. It was armed with four 20 mm (.79 in) Hispano M2 forward-firing cannons mounted in the lower fuselage, and four .50 in (12.7 mm) M2 Browning machine guns mounted in a remote-controlled dorsal gun turret. It was an all-metal, twin-engine, twin-boom design developed during World War II. The first test flight was made on May 26, 1942, with the first production aircraft rolling off the assembly line in October 1943. The last aircraft was retired from government service in 1954.

ソース: ノースロップP-61ブラックウィドウをWikipediaで調べる

待ちには、ノースロップの検索P-61ブラックウィドウの写真をご---
ノースロップP-61Cブラックウィドウ歩
写真家Cees Hendriks
ローカライゼーションUnknow
写真105
待ちには、ノースロップの検索P-61ブラックウィドウのためにお---

関連するキット:

城ホビー-S4807
ノースロップP-61A/地上攻撃兵器&Droptanks
城ホビー
S4807
1:48
フルキット
Clic検索

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

Northrop P-61C Black Widow Walk Around
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーション国立博物館のUSAF
写真62
ノースロップP-61ブラックウィドウ–歩 から NetMaquettes

ビュー:983

見る:

  • gifts p-61 black widow

コメントはご利用いただけません。