Douglas O-38F
Douglas O-38
米国
役割観測機
1931–1934
156

ダグラスO-38 was an observation airplane used by the United States Army Air Corps. Between 1931 and 1934, Douglas built 156 O-38s for the Air Corps, eight of which were O-38Fs. Some were still in service at the time of the Pearl Harbor Attack in 1941. The O-38 is a modernized derivative of the O-25, itself a re-engined variant of the earlier Douglas O-2.

ソース: ダグラスO-38Wikipediaから

Wait, Searching Douglas O-38 for you…
ダグラスO-38F歩
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーション国立博物館のUSAF
写真61
Wait, Searching Douglas O-38 for you…

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

することもできま

ダグラスO-38–歩 から NetMaquettes

ビュー:2

コメントはご利用いただけません。