オースター AOP マーク 6

Auster AOP.6

英国
役割観測機
初飛行1945
構築400

オースター AOP.6 ●当時多数の戦時中のテイラークラフト・オースター機を代用するためにオースター・エアクラフト・リミテッドが製造したイギリス軍の航空観測機でした。

ソース: ウィキペディアのオースター AOP.6

オースター AOP.6 ウォーク アラウンド
カメラマンセス・ヘンドリックス
ローカライズ知りません
写真65
待って、検索オースターAOP.6のために.
Auster AOP mk. III
カメラマンセス・ヘンドリックス
ローカライズ知りません
写真72

関連キット:

エアフィックス - 01069-2
オーステル AOP VI
エアフィックス
01069-2
1:72
フルキット
検索のためのクリック
オースター AOP ウォーク アラウンド
カメラマン知りません
ローカライズ知りません
写真17

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです
...
詳細情報:

オースターAOP.6は、戦時中のテイラークラフトオースター航空機に代わるように設計されたイギリス軍の航空観測機でした。それは145馬力のデハビランドジプシーメジャー7エンジンと、より大きなプロペラを収容するためのより長い着陸装置を持っていました。また、短距離離着陸(STOL)操作でのパフォーマンスを向上させる外部フラップもありました。オースターAOP.6は1945年5月に最初に飛行し、1947年にイギリス空軍に就役しました。朝鮮戦争やマレー緊急事態などのさまざまな紛争での砲撃、偵察、連絡、死傷者避難任務に使用されました。
The Auster AOP.6 could carry a pilot and two passengers, and had a maximum speed of 200 km/h and a range of 510 km. It was equipped with a radio and a camera, and could also carry light bombs or rockets under the wings. The Auster AOP.6 was produced until 1952, with a total of 378 units built. Some of them were exported to other countries, such as Belgium, Canada, South Africa and Jordan. A dual-control training version, called the Auster T.7, was also developed, with 84 units built. Two of them were modified for the Commonwealth Trans-Antarctic Expedition in 1956, with skis, floats, enlarged tail surfaces and a yellow paint scheme. The Auster AOP.6 was gradually replaced by the Auster AOP.9 from 1955 onwards, and many of them were converted to civilian use as glider tugs or private aircraft.

ビュー : 2579

コメントは閉じられます。