北アメリカのA-36A Apache

北アメリカのA-36A Apache

米国
役割地上攻撃-巨
初飛行October 1942
500

北アメリカのA-36Apache (listed in some sources as “Invader”, but also called Mustang) was the ground-attack/dive bomber version of the North American P-51 Mustang, from which it could be distinguished by the presence of rectangular, slatted dive brakes above and below the wings. A total of 500 A-36 dive bombers served in North Africa, the Mediterranean, Italy and the China-Burma-India theater during World War II before being withdrawn from operational use in 1944.

ソース: 北アメリカのA-36A ApacheをWikipediaで調べる

Wait, Searching North American A-36A Apache photos for you…
<">v class="separateur">
North American A-36A Apache
写真家ジョン野郎
ローカライゼーションUnknow
写真14
Wait, Searching North American A-36A Apache for you…

役割地上攻撃-巨
メーカー北アメリカ航空
デザイナーエドガー Schmued
初飛行October 1942
導入1942年
退1945年
主なユーザー アメリカ陸軍航空隊
番号を築500
開発からP-51マスタング

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

North American A-36A Apache
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーションUnknow
写真26

北アメリカのA-36A Apache による ネMaquettes
北アメリカのA-36A Apache–WalkAround から NetMaquettes

眺望:1619