フェアリー・ガネット AS6

フェアリー・ガネット AEW.3

英国
役割空挺早期警戒機
生産1958-1963
構築44

フェアリー・ガネット AEW.3 ●イギリス海軍の空母に空中早期警戒(AEW)の役割で使用することを意図したフェアリー・ガネット対潜戦機の変形でした。これは、時代遅れのダグラススカイレイダーを置き換えるために1959年にサービスに導入され、計画されたCVA-01空母で使用するための新しい、目的の構築されたAEWプラットフォームの計画的な導入まで暫定的な解決策として意図されていました。新しい空母も新しいAEW航空機も進めず、ガネットAEWはそれを操作できる最後の空母が引退するまでサービスを維持しました。

ソース: フェアリー・ガネット AEW.3 ウィキペディア

ガネット AEW mk.3 ウォークアラウンド
カメラマンセス・ヘンドリックス
ローカライズ知りません
写真135
待って、検索フェアリーガネットAEW.3写真あなたのために.

関連キット:

クラシックエアフレーム - 4158
フェアリー ガネット ASW
クラシックエアフレーム
4158
1:48
フルキット
検索のためのクリック
Fairey Gannet Walk Around
カメラマンChris Hughes
ローカライズ知りません
写真61

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです

関連項目:

第二次世界大戦:電撃戦から原子爆弾までの決定的なビジュアルヒストリー(DK Definitive Visual Histories) - Amazon (アマゾン) 地図による第二次世界大戦の地図(地図によるDKの歴史地図) - Amazon (アマゾン)

Fairey AEW Mk.3 Gannet Walk Around
カメラマンウラジーミル・ヤクボフ&ジョン・ヘック
ローカライズピマ航空宇宙博物館
写真172
フェアリー ガネット AS6 ウォーク アラウンド
カメラマン知りません
ローカライズ知りません
写真11
詳細情報:

フェアリー・ガネット AEW.3 was a British carrier-borne aircraft developed in the 1950s for airborne early warning (AEW) duties. It was a variant of the Fairey Gannet anti-submarine warfare aircraft, modified to carry a large radome under the fuselage and a crew of three. The AEW.3 operated from the Royal Navy’s aircraft carriers until the 1970s, when it was replaced by the Fairey Gannet EAW.1.
AEW.3は、特に対艦ミサイルで武装した低空飛行のソビエト爆撃機に対して、艦隊に長距離レーダーカバレッジを提供するように設計されました。航空機は、ターボプロップエンジンによって駆動されるダブルテールと逆回転プロペラを備えた独特の外観を持っていました。レドームには改良型のAN/APS-20レーダーが搭載されており、最大200マイル (320 km) 離れたターゲットを検出できる。レーダーオペレーターとオブザーバーは、パイロットの後ろの後部コックピットに座っていました。
AEW.3 entered service in 1959, and was deployed on board the aircraft carriers HMS Ark Royal, HMS Centaur, HMS Eagle, and HMS Hermes. The aircraft proved to be reliable and effective, but had some limitations, such as its slow speed, low altitude, and vulnerability to electronic countermeasures. The AEW.3 also had a short range of about 300 miles (480 km), which meant that it had to be refuelled in flight by a tanker aircraft or land on a carrier frequently.
AEW.3は、イギリス海軍がヘリコプターとジェット機をベースにした新世代のAEW航空機を採用したため、1970年代に徐々に廃止されました。AEW.3の最後の運用飛行は1978年に行われ、残りの航空機は引退するか博物館に移されました。フェアリーガネットAEW.3は、就航した最後のプロペラ駆動AEW航空機の1つであり、英国の海軍航空の発展に重要な役割を果たしました。

再生 : 3695

コメントは閉じられます。