ウェストランドLysander mk.III

ウェストランドLysander

英国
役割陸軍の協力や連絡機
初飛行15 June 1936
1786

ウェストランドLysander (nickname the ‘Lizzie’) was a British army co-operation and liaison aircraft produced by Westland Aircraft used immediately before and during the Second World War. After becoming obsolete in the army co-operation role, the aircraft’s exceptional short-field performance enabled clandestine missions using small, improvised airstrips behind enemy lines to place or recover agents, particularly in occupied France with the help of the French Resistance. British army air co-operation aircraft were named after mythical or historical military leaders; in this case the Spartan general Lysander was chosen.

ソース: ウェストランドLysanderをWikipediaで調べる

Wait, Searching Westland Lysander for you…
ウェストランドLysander mk.III歩
写真家Cees Hendriks
ローカライゼーションUnknow
写真41
Wait, Searching Westland Lysander for you…

関連するキット:

Eduard - 8290
Lysander Mk.III
Eduard
8290
1:48
フルキット
Clic検索
Westland Lysander Mk.III Walk Around
写真家Don Alen
ローカライゼーションUnknow
写真44

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

Westland Lysander IIIa Walk Around
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーション国立航空宇宙博物館
写真37
ウェストランドLysander–歩 から NetMaquettes

Views : 1671

コメントはご利用いただけません。