デ・ハビランド DH.89 ドラゴン・ラピッド
de Havilland Dragon Rapide
英国
役割短距離旅客機
初飛行1934年4月17日
構築727

デ・ハビランド DH.89 ドラゴン・ラピッド is a 1930s short-haul biplane airliner developed and produced by British aircraft company de Havilland. Capable of accommodating 6–8 passengers, it proved an economical and durable craft, despite its relatively primitive plywood construction. Developed during the early 1930s, the Dragon Rapide was essentially a smaller, twin-engined version of the four-engined DH.86 Express, and shared a number of common features, such as its tapered wings, streamlined fairings and Gipsy Six engines. First named the “Dragon Six”, the type was marketed as “Dragon Rapide” and later simply known as the “Rapide”. Upon its introduction in summer 1934, it proved to be a popular aircraft with airlines and private civil operators alike, attaining considerable foreign sales in addition to its domestic use.

ソース: デ・ハビランド・ドラゴン・ラピッド・オン・ウィキペディア

デ・ハビランド DH.89 ドラゴン・ラピッド・ウォーク・アラウンド
カメラマン知りません
ローカライズ知りません
写真30
待って、あなたのためにハビランドドラゴンラピッドを検索.

関連キット:

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです

また、次の項目もご覧ください。

ビュー : 16

メッセージを残してください

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必須

このサイトでは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています。 コメントデータの処理方法を確認する.