北アメリカ-6Dテキサン

北アメリカ-6Dテキサン

米国
役割シングル即ち高度なトレーナー機
初飛行1月1935年
15495

北アメリカ航空T-6テキサン is a single-engined advanced trainer aircraft used to train pilots of the United States Army Air Forces (USAAF), United States Navy, Royal Air Force and other air forces of the British Commonwealth during World War II and into the 1970s. Designed by North American Aviation, the T-6 is known by a variety of designations depending on the model and operating air force. The United States Army Air Corps (USAAC) and USAAF designated it as the AT-6, the United States Navy the SNJ, and British Commonwealth air forces, the Harvard, the name it is best known by outside of the US. After 1962, US forces designated it the T-6. It remains a popular warbird aircraft used for airshow demonstrations and static displays. It has also been used many times to simulate various Japanese aircraft including the Mitsubishi A6M Zero in movies depicting World War II in the Pacific.

ソース: 北アメリカ-6DテキサンにWiki

待ちを探し北アメリカ-6Dテキサンの写真をご---
North American AT-6D Texan
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーションサリナスの航空ショー
写真34
待ちを探し北アメリカ-6Dテキサンのためにお---


仕様
役割トレーナー機
メーカー北アメリカ航空
初飛行1月1935年
退1995年
番号を築15,495
Noorduyn-16ハーバードMkます。2B歩
写真家ミラノサボ
ローカライゼーションUnknow
写真16
Noorduyn AT-16 Harvard Walk Around
写真家Cees Hendriks
ローカライゼーションUnknow
写真23

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

することもできま

ビュー:620

見る:

  • texan t6 walkaround
  • walk around SNJ / T-6 book
  • по6д

コメントはご利用いただけません。