フェアリーバトル

Fairey Battle

英国
役割軽爆撃機
ファーストフライ10 March 1936
構築2201

フェアリーバトル was a British single-engine light bomber designed and manufactured by the Fairey Aviation Company. It was developed during the mid-1930s for the Royal Air Force (RAF) as a monoplane successor to the earlier Hawker Hart and Hind biplanes. The Battle was powered by the same high-performance Rolls-Royce Merlin piston engine that powered various contemporary British fighters. However the Battle was significantly heavier, with its three-man crew and bomb load. Though a great improvement over the aircraft that preceded it, the Battle was relatively slow and limited in range. With only two .303 in machine guns as defensive armament, it was found to be highly vulnerable to enemy fighters and anti-aircraft fire.

ソース: ウィキペディアでフェアリーバトル

Fairey Battle
カメラマン知りません
ローカライズ知りません
写真61
Wait, Searching Fairey Battle for you…

関連キット:

Fairey Battle Walk Around
カメラマンエルヴィン・デ・スワエフ
ローカライズ知りません
写真21

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです
Fairey Battle Walk Around
カメラマンエルヴィン・デ・スワエフ
ローカライズ知りません
写真42

また、次の項目もご覧ください。

ビュー : 2526

メッセージを残してください

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必須

このサイトでは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています。 コメントデータの処理方法を確認する.