ピラタス PC-6 ポーター

Pilatus PC-6 Porter

スイス
役割ストルの旅客・ユーティリティ機
初飛行1959年5月4日
構築600

ピラタスPC-6ポーターは、スイスのピラタス航空機によって設計された単発STOLユーティリティ航空機です。1959年に初飛行したPC-6は、スイスのスタンスにあるピラトゥス・フルグゼグヴェルケで生産を続けています。ピストンエンジンとターボプロップの両方のバージョンで製造され、米国のフェアチャイルド・ヒラーによって一時期ライセンスの下で生産されました。60年間で約600回の納入を経て、ピラトゥスは2019年初めに最後の納入を行う予定です。

ソース: ウィキペディアのピラタス PC-6 ポーター

ピラタス PC-6 ポーター ウォーク アラウンド
カメラマンウラジーミル・ヤクボフ
ローカライズリノエアレース
写真107
待って、あなたのためにピラタスPC-6ポーターを検索.

関連キット:

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです

関連項目:

第二次世界大戦:電撃戦から原子爆弾までの決定的なビジュアルヒストリー(DK Definitive Visual Histories) - Amazon (アマゾン) 地図による第二次世界大戦の地図(地図によるDKの歴史地図) - Amazon (アマゾン)

詳細情報:

ピラタス PC-6 ポーター is a single-engine turboprop aircraft designed and manufactured by Pilatus Aircraft of Switzerland. It is widely used for various purposes, such as passenger and cargo transport, aerial work, skydiving, humanitarian missions, and military operations. The PC-6 has a distinctive high-wing configuration and a fixed tricycle landing gear.
It can take off and land on short and unprepared runways, thanks to its powerful engine and ストール (short takeoff and landing) performance. The PC-6 was first flown in 1959 and has been in continuous production since 1961, making it one of the longest-running aircraft programs in history. Over 600 PC-6s have been built and delivered to customers in more than 50 countries around the world.

Views : 3216

コメントは閉じられます。