パンサー オースフ.G - 歩き回る

Panther Ausf.G

ドイツ
説明

アルバム 87 タンクのウォークアラウンド写真 Panther Ausf.G.

SdKfz 171 パンツァー V パンサー était un char de combat utilisé par l’armée allemande pendant la Seconde Guerre mondiale, de juillet 1943 lors de la bataille de Koursk, au 8 mai 1945. Conçu pour contrer le char T-34 soviétique et remplacer les Panzerkampfwagen III et les Panzerkampfwagen IV, il servit en définitive à leurs côtés, jusqu’à la fin de la guerre, en trois versions principales : « D », « A », « G ». Une dernière version « F » ou « Panther II » était prévue, avant le remplacement définitif du « Panther » par le char « E-50 ».
La オースフ.Gバージョン 1944年3月現在、2,950部。生産の簡素化:側面のワンピースプレート - 垂直ストールはもはや後ろに見つかりません。フロントプレートは、コックピットの屋根のペリスコープに置き換えられ、ドライバーのビジョンブロックを失います。シュルツェンは、側面に沿って走るスチール製の刃に取り付けられています。灯台は泥のガードの上に降りた。左排気にはホースが1本しか残っていません。後部ビーチが再設計されました。後期生産:砲塔の前部の底に打撃のディフレクターは、上部構造の屋根に敵の殻をそらしたトラップを排除します。約20台の生産終了機では、ゴム包帯のローリング小石が「オールスチール」小石に置き換えられます。

ソース: パンサー・シュル・ウィキペディア

Wait, Searching Panther Ausf.G for you…

関連キット:

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです

また、次の項目もご覧ください。

Views : 12124

メッセージを残してください

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必須

このサイトでは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています。 コメントデータの処理方法を確認する.