ロッキードEC-121D警告スター

Lockheed EC-121 Warning Star

米国
役割空中早期警報や制御航空機
初飛行9月1949年
232

ロッキードEC-121警告スター is a United States Navy and United States Air Force Airborne early warning and control radar surveillance aircraft. A military version of the Lockheed L-1049 Super Constellation, it was designed to serve as an airborne early warning system to supplement the Distant Early Warning Line, using two large radomes, a vertical dome above and a horizontal one below the fuselage. Soñé EC-121s were also used for intelligence gathering (SIGINT). It was introduced in 1954 and retired from service in 1978, although a single specially modified EW aircraft remained in service with the U.S. Navy until 1982.

ソース: ロッキードEC-121警告スターをWikipediaで調べる

待ちには、検索ロッキードEC-121警告スターのためにお---
Lockheed EC-121D Warning Star Walk Around
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーション航空宇宙博物館とカリフォルニア旅行
写真165
待ちには、検索ロッキードEC-121警告スターのためにお---

関連するキット:

PlusModel-AL7010
ロッキードEC-121警告スター
PlusModel
AL7010
1:72
フルキット
Clic検索

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

眺望:739

返信をキャンセルする

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

その他の目的で利用することAkismetの低減スパムと見なされます。 方法を学ぶコメントデータ処理ます。