122mm М-30

122mm M-30

ソ連
フィールド榴弾砲
生産1939–1960
構築19266

フォトギャラリー 122mm M-30, The 122 mm howitzer M1938 (M-30) was a Soviet 121.92 mm (4.8 inch) howitzer. The weapon was developed by the design bureau of Motovilikha Plants, headed by F. F. Petrov, in the late 1930s, and was in production from 1939 to 1955. The M-30 saw action in World War II, mainly as a divisional artillery piece of the Red Army (RKKA). Captured guns were also employed later in the conflict by the German Wehrmacht and the Finnish Army. Post World War II the M-30 saw combat in numerous conflicts of the mid- to late twentieth century in service of other countries’ armies, notably in the Middle East.

ソース: 122mm M-30 のウィキ

122mm M-30
カメラマン知りません
ローカライズ知りません
写真41
待って、検索122mm M-30写真.
122mm M-30 Howitzer Mod.1938 Walk Around
カメラマンユーリ・パスホロック
ローカライズ知りません
写真204

関連キット:

トランペット奏者 - 02344
ソビエト122ミリメートル榴弾砲1938 M-30後期版
トランペッター
02344
1:35
フルキット
検索のためのクリック

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです
...

Views : 2545

メッセージを残してください

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必須

このサイトでは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています。 コメントデータの処理方法を確認する.