アブロCF-100Canuck

アブロカナダCF-100Canuck

カナダ
タイプジェットインタセプタ
初飛行19月1950年
692

フォトギャラリーの アブロカナダCF-100Canuck, The Avro Canada CF-100 Canuck (affectionately known as the “Clunk”) was a Canadian jet interceptor/fighter serving during the Cold War both in NATO bases in Europe and as part of NORAD. The CF-100 was the only Canadian-designed fighter to enter mass production, serving primarily with the RCAF/CAF and in small numbers in Belgium. For its day, the CF-100 featured a short takeoff run and high climb rate, making it well suited to its role as an interceptor.

ソース: アブロカナダCF-100CanuckをWikipediaで調べる

待検索アブロカナダCF-100Canuckの写真をご---
Avro Canada CF-100 Canuck
写真家アンディーベース
ローカライゼーションUnknow
写真78
待検索アブロカナダCF-100Canuckご---

関連するキット:

CF-100 Canuck Walk Around
写真家Unknow
ローカライゼーションUnknow
写真26

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

アブロカナダCF-100Canuck–歩 から r/NetMaquettes

眺望:2079

コメントはご利用いただけません。