フランス歩兵戦車(シャアR35、FCM36) 第2弾 - AFV兵器 59

プロファイルパブリケーション

セリー

AFV武器

ティトレフランス歩兵戦車 第2巻
参考59
説明

レヴュー・シュル・ル・シャル « R 35 – FCM 36 »

– ル・シャア ルノー R-35 était un char d’assaut français de la Seconde Guerre mondiale. Il possédait un blindage avant de 43 mm, ce qui était considérable pour l’époque, mais son canon de 37 mm datait de la Première Guerre mondiale et son équipage ne comptait que deux personnes (un pilote et le commandant, « un homme à tout faire » en charge du rechargement, du ciblage et de guider le pilote). Il possédait un moteur de 85 chevaux à essence qui pouvait l’amener à une vitesse de pointe de 20 km/h mais son autonomie était limitée. Les Français utilisaient (en cas du R-35) des tactiques qui se sont révélé inefficaces; au lieu d’approcher l’ennemi en grande formation blindée, ils employaient des attaques solitaires par des bataillons.

これらの時代遅れの戦術、その低強力な武装とその小さな乗組員は、ルノーR-35sを彼らの運用死に導いた。
FCM 36 1938年5月2日から1939年3月13日の間に設立された 1938.La フォージュ・デ・シャンティア・ド・ラ・メディテラネ社のフランスの戦車で、1936年のFCMまたはFCM 36の100部をコピーしています。溶接装甲、未来的な外観、ベリエット・リカルドのディーゼルエンジンにもかかわらず、FCM 36は当時の他のフランスの戦車と同じ欠陥に苦しんでいました:不適当な武装(1918年の古い37mm砲)、小さな乗組員(わずか2人の男性)、コミュニケーション手段の欠如。

ソース: ウィキペディアの Char R35 そして ウィキペディアの FCM36 タンク

フランス歩兵戦車(シャアR35、FCM36) 第2弾 - AFV兵器 59
フランス歩兵戦車 (チャージR35、 FCM36) 第2弾 - AFV兵器 59
待って、検索AFV武器59のために.

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです
[ae_affiliate_byphilキーワード=「タンクフレンチ」]

また、次の項目もご覧ください。

関連キット:

ビュー : 956

メッセージを残してください

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必須

このサイトでは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています。 コメントデータの処理方法を確認する.