Jagdpanzerフンメル

マン-ウント-フンメル

ナチス-ドイツ
役割自走砲
サービス1943-1945
714

マン-ウント-フンメル (German: “bumblebee”) was a self-propelled gun based on the Geschützwagen III/IV chassis and armed with a 15 cm howitzer. It was used by the German Wehrmacht during the Second World War from early 1943 until the end of the war. The full name was Panzerfeldhaubitze 18M auf Geschützwagen III/IV (Sf) Hummel, Sd.Kfz. 165. On February 27, 1944, Hitler ordered the name Hummel to be dropped as it was deemed inappropriate for a fighting vehicle.

ソース: Wikipediaのフンメル

Jagdpanzer Hummel Walk Around
写真家Legion
ローカライゼーションUnknow
写真48
Wait, Searching Hummel for you…

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

Views : 157

返信をキャンセルする

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必要

その他の目的で利用することAkismetの低減スパムと見なされます。 方法を学ぶコメントデータ処理.