EE-9カスカヴェル
EE-9 Cascavel
ブラジル
役割装甲車
サービス1974–present
1715

EE-9カスカヴェル (Portuguese pronunciation: is a six-wheeled Brazilian armoured car developed primarily for reconnaissance. It was engineered by Engesa in 1970 as a replacement for Brazil’s ageing fleet of M8 Greyhounds. The vehicle was first fitted with the Greyhound’s 37mm main gun, and subsequently, a French turret adopted from the Panhard AML-90. Later models carry unique Engesa turrets with a Belgian 90mm Cockerill Mk.3 cannon produced under licence as the EC-90

ソース: EE-9カスカヴェルをWikipediaで調べる

Wait, Searching EE-9 Cascavel for you…
ノースロップアルファ歩
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーションMusee des Blindesは、ソーミュール城、フランス
写真79
Wait, Searching EE-9 Cascavel for you…

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

することもできま

ビュー:221

コメントはご利用いただけません。