ドイツ語 10.5 cm leFH 16 フィールド榴弾砲

10.5 cm leFH 16

ドイツ帝国 - ナチスドイツ
役割フィールド榴弾砲
サービス中 1916–45
構築知りません

10.5 cm ライヒテ・フェルトハウビッツェ 16 (10.5 cm leFH 16) was a field howitzer used by Germany in World War I and World War II. The 10.5 cm leichte Feldhaubitze 16 was introduced in 1916 as a successor to 10.5 cm Feldhaubitze 98/09, featuring a longer barrel and hence longer range. It had the same carriage as the 7.7 cm FK 16.

ソース: 10.5 cm leFH 16on ウィキペディア

ドイツ軍 10.5 cm leFH 16 野戦榴弾砲 歩き回る
カメラマンウラジーミル・ヤクボフ
ローカライズサウスカロライナ軍事博物館
写真63
待って、あなたのために10.5センチメートルleFH 16を検索しています...

関連キット:

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです

関連項目:

第二次世界大戦:電撃戦から原子爆弾までの決定的なビジュアルヒストリー(DK Definitive Visual Histories) - Amazon (アマゾン) 地図による第二次世界大戦の地図(地図によるDKの歴史地図) - Amazon (アマゾン)

詳細情報:

10.5センチメートルルFH 16 was a German light field howitzer used in World War I and World War II. It was designed to replace the older 10.5 cm leFH 98/09, which had a shorter barrel and a lower muzzle velocity. The leFH 16 had a longer barrel, a higher muzzle velocity, and a longer range. It could fire a variety of shells, including high-explosive, shrapnel, smoke, gas, and illumination.
leFH 16 was mounted on a box trail carriage with wooden spoked wheels. It had a horizontal sliding breechblock and a hydro-pneumatic recoil system. The leFH 16 was widely used by the German Army and its allies during both world wars. It was also exported to several countries, such as Turkey, Finland, and Spain. The leFH 16 was considered to be a reliable and effective weapon for its caliber and role.

再生 : 1975年

一つの考え "10.5 cm leFH 16 – 写真 & 動画"

  1. これはドイツの105cmlFH1916ではありません。 これははるかにまれな10,5cmlFHクルップ1916です。 2つの榴弾砲タイプはほとんど共通点がありません。 10,5cm lFH Kp.16のバレルバンドと典型的なlFH 16の対比と、10,5cm lFH Kp.16のアクセルツリーシートの欠如に注意してください。

    https://www.lovettartillery.com/MAT_10,5cm_lFH_Kp_Detail.html

    https://www.lovettartillery.com/MAT_10,5cm_lFH_1916_Detail.htm

    R /ラルフ・ラヴェット: https://www.lovettartillery.com/

コメントは閉じられます。