パンツァーIIオースフ.C - 歩き回る

パンツァーIIオースフ.C

ドイツ
サービス中1936–1945
構築1856

Le パンツァーカンプワーゲンII ( PzKpfw II ) ou Sd. Kfz. 121 était un char d’assaut de fabrication allemande. Comme le PzKpfw I, il fut conçu comme un modèle provisoire, en attendant des chars comme les PzKpfw III ou les PzKpfw IV. Ces deux types de véhicules étaient destinés à fournir des engins d’entraînement pour les équipages de la Panzerwaffe, afin de mettre au point les tactiques de la future Blitzkrieg. Cependant, le retard dans la production de véritables chars de combat obligea les Allemands à les utiliser massivement au début de la Seconde Guerre mondiale et ce n’est qu’à partir de 1941 qu’ils furent progressivement retirés des premières lignes. Le PzKpfw II しかし、偵察デリバティブとマーダーIIやウェスペなどの自走砲のシャーシとして、ドイツ国防軍の兵器庫に長い間重要な車両が残っていました。また、20mm自動砲のリロードを担当する無線オペレーターのパンツァーIよりも乗組員が1人多くいました。

ソース: ウィキペディアのパンツァーII

Panzer II Ausf.C
カメラマン知りません
ローカライズ知りません
写真33
待って、検索パンツァーIIオースフ.Cあなたのために.

関連キット:

ズベズダ - 6102
ドイツ軽戦車 Pz.Kpfw. II
ズベズダ
6102
1:100
フルキット
検索のためのクリック

eBayでキットを探す:

eBayで検索
あなたが必要なものを検索, 私たちはこれを提案しますが、決めるのはあなたです

また、次の項目もご覧ください。

Views : 4866

メッセージを残してください

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

必須

このサイトでは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています。 コメントデータの処理方法を確認する.