M53/59Praga

M53/59Praga

チェコスロバキア
タイプ 自走対空砲
1950年代
Bult 900+

M53/59Praga is a Czechoslovak self-propelled anti-aircraft gun developed in the late 1950s. It consists of a heavily modified Praga V3S six-wheel drive truck chassis, armed with a twin 30 mm AA autocannon mounted on the rear for which the vehicle typically carries 900 rounds of ammunition, each gun being gravity fed from distinctive 50 round magazines. The vehicle has an armoured cabin.
にチェコスロバキアとして知られているプラPLDvK vzます。 53/59–"Ještěrka"(PLDvKモデル53/59–"トカゲ"[2])です。 PLDvK立Protiletadlový dvojkanón=防-航空機のツイン郡ます。

ソース: M53/59PragaるWiki

待検索M53/59Pragaの写真をご---
M53/59Praga
写真家 ウラジミールYakubovは、アレックスBurlyga
ローカライゼーション 軍用車両技術振興財団
写真 120
待検索M53/59Pragaいます---
写真 Jan Hutter
説明 アルバム 277 写真歩-"Praga PLDvK"

役割 自走対空砲
番号を築 330+
重量 10.3t
2.35m
長さ 6.92m
高さ 2.85m
クルー 4
業務範囲 500km
速度 60km/h



Find items about "self-propelled anti-aircraft gun" on AliExpress (c):

ビュー:317