跡Mk11

跡Mk11

英国
タイプ重戦車
説明

アルバム 74 写真歩-周囲のchar 跡Mk11

FV-4204跡である重戦ったりとした作りです。 っていることなどにより、ロイヤル兵器工場のまばゆいフィフティーズのみのセンチュリオンタンク。 このタンクの残りのイギリス軍の1966年から1995年. 異のギアの軍工学科も設置されている。 変化 : Chieftain AVRE : base du Chieftain avec matériel de génie, grue, excavatrice Chieftain ARV : véhicule de dépannage, maintenance Chieftain AVLB : base du Chieftain embarquant un pont pour le franchissement des cours d’eau Son armement était composé d’un canon de 120 mm, de deux mitrailleuses de 7,62 mm (une coaxiale et une de tourelle) ainsi que d’une mitrailleuse de 12,7mm pour le chef de bord. Près de 900 Chieftain furent construits pour l’armée britannique ainsi de plusieurs contingents destinés à l’exportation pour différents pays (Iran,Omna,Irak,Koweït,Jordanie).

ソース: FV4204跡をWikipediaで調べる

待検索跡Mk11の写真をご---

関連するキット:

Chieftain Mk11 Walk Around
写真家Vladimir Yakubov
ローカライゼーションジャックLittlefield集
写真105

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

眺望:3791

コメントはご利用いただけません。