Convair B-58Aハスラー

Convair B-58Aハスラー

米国
タイプ超音速ジェット爆撃機
初飛行11月1956年
116S

フォトギャラリーの Convair B-58Aハスラー, The Convair B-58 Hustler was the first operational supersonic jet bomber capable of Mach 2 flight. The aircraft was designed by Convair engineer Robert H. Widmer and developed for the United States Air Force for service in the Strategic Air Command (SAC) during the 1960s. It used a delta wing, which was also employed by Convair fighters such as the F-102, with four General Electric J79 engines in pods under the wing. It carried five nuclear weapons; four on pylons under the wings, and one nuclear weapon and fuel in a combination bomb/fuel pod under the fuselage, rather than in an internal bomb bay.

ソース: Convair B-58AハスラーにWiki

待検索Convair B-58Aハスラーの写真をご---
Convair B-58A Hustler
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーションtrategic空宇宙博物館
写真152
待検索Convair B-58Aハスラーのためにお---
仕様
役割超音速戦略爆撃機
メーカーConvair
初飛行11月1956年
導入15年1960年
退31日1970年
番号を築 116
Convair B-58A Hustler Walk Around
写真家Cees Hendriks
ローカライゼーションUnknow
写真127
Convair B-58A Hustler Walk Around
写真家ウラジミールYakubov
ローカライゼーション戦略的空宇宙博物館
写真152

関連するキット:

べーキットをベ:

検索eBay
検索に必要なされることをお勧めいたします。ることができ者の決定

もご覧いただけます:

することもできま

Convair B-58Aハスラー–WalkAround から r/NetMaquettes

眺望:1825

見る:

  • b-58 walkaround
  • 2RW7
  • b-58 walk around
  • maquettes convair B58 hustler
  • ment92
  • конвейр

ひとり一人との関わり"Convair B-58Aハスラー–WalkAround"

コメントはご利用いただけません。